酒粕パックは美白とシミに効果がある

酒粕パックをいうのをご存知でしょうか。美白効果が非常に高いといわれているパックになります。酒粕というのは日本酒を造る工程で発酵させた際にでたもろみを絞ったものです。お米の栄養が非常につまっており、これによって美白効果を発揮するのですが、どういう風に発揮させるのかについて説明します。

 

この酒粕といえば粕汁であったり、甘酒に使うというイメージが強いと思います。つまり食品ですが、これを顔に塗るパックにすれば美肌効果をえることが出来るといわれています。豆腐を作る際におからが出ますが、それと同じ原理で日本酒を造る際に出るのが酒粕になります。

 

おからの栄養素は非常に高いと言われていますが、同じように酒粕の栄養価も非常に高いです。具体的な栄養成分ですが、タンパク質、タンパク質、食物繊維、各種ビタミンやミネラル類、ペプチド、アミノ酸、麹菌、酵母菌由来のβ−グルカン、葉酸などがふくまれています。

 

日本酒を造っている酒蔵で働く方の手は非常に綺麗だといいますが、その理由は酒粕にあるとされています。また、美白に効果があるのは酒粕に含まれているアルプチン、コウジ酸、フェルラ酸とされています。

 

では、塗るパックの作り方です。用意するものは酒粕を適量と精製水を酒粕の1.5倍くらいの量、そしてビニール袋になります。用意できたら、まずビニール袋に酒粕を入れて精製水を入れてよくも見ます。ダマがなくなって均一な状態になればそれで出来上がりとなります。これを顔にぬって乾くくらいまで置き、あとは洗い流すだけになります。是非ためしてみてください。